News & Topics

第二回 有機元素分析研究会

元素分析に携わる研究者・技術者の技術力向上と情報交換のために研修会を開催いたします。
今回は、実際に実機を触りながら、国立大学の技術職員を中心に、
自身のこれまでのやり方についても意見交換を通して正しい技術を実習します。

日時:2018年1月11日(木)10時~16時
場所:岡山大学 自然生命科学研究支援センター 分析計測分野 2階実験室 他
参加費:無料
人数:20名まで【対象: 大学・公的機関・企業・その他、どなたでも可】
使用装置:エレメンターvario EL cube 及び パーキンエルマーPE2400Ⅱ
講師:
前橋 良夫(理化学研究所 創発物性科学研究センター)
小西 利代子(一般財団法人 日本食品分析センター)
板東 敬子(大日本住友製薬㈱ 分析研究所)
樋口 富美(日本新薬㈱ CMC技術研究部)

主催:分子科学研究所 大学連携研究設備ネットワーク
共催:有機微量分析ミニサロン、分子・物質合成プラットフォーム

お申込みURL https://registration.ims.ac.jp/oea2/

~プログラム~
10:00~12:00 実技デモンストレーション
パート①燃焼管、還元管(及び吸収管)の充填剤と装着方法、充填剤劣化時の症状と分析値への影響について解説
パート②管の取り付け、装置の運転、試料のサンプリングと導入時の注意
パート③特殊試料(液体試料、吸湿性試料、昇華性試料など)のはかり取り説明
12:00~13:20 エレメンター、パーキンエルマー ランチョンセミナー(お弁当,お茶は、準備致します)
13:30~15:10 実習(パート①~③の実習)
15:10~15:30 休憩(希望者は、FLASH2000見学、簡易型グローブボックス見学可能です)
15:30~16:00 質疑応答

©2017 Molecule and Material Synthesis Platform All rights reserved.