利用報告書

研磨歪のない包丁の実現
堀部 喜学1)
1) 有限会社 志津刃物製作所

課題番号                :S-19-NI-0028

利用形態                :技術代行

利用課題名(日本語)    :研磨歪のない包丁の実現

Program Title (English) :Realization of the kitchen knife without the abrasion distortion

利用者名(日本語)      :堀部 喜学1)

Username (English)     :Yoshitaka Horibe1)

所属名(日本語)        :1) 有限会社 志津刃物製作所

Affiliation (English)  :1) Shizu Hamono Co.,Ltd

 

 

  • 概要(Summary )
    名古屋工業大学江龍研究室で開発された固定砥粒型CMP法を用いて、一般的な砥石仕上げに見られる「まくれ」や力学的な歪の無い包丁の実現可能性を見出すために実施した。通常、刃先には数μmオーダーの「まくれ」の剥がれ落ちによる、鋭利では無い領域が発生する。また、砥石とのこすれ合わせによって、包丁の刀身には、使用初期に急激に摩耗する領域が発生する。CMP砥石はその発生量を最小限にする可能性があると考え、包丁加工を試みた。ここではパン切りナイフの加工について示す。

2.実験(Experimental)
MAT社製エアスピンドル40cm研磨定盤一式

・曲面形成治具一式

1:形状形成された刃具を、形成治具に固定する

2:名古屋工業大学江龍研究室にて開発したCMP研磨砥石により刃先をCMP加工する。

 

3.結果と考察(Results and Discussion)

包丁用ステンレス歯の砥石仕上げ後の刃先顕微鏡像
加工前の刃先を光学顕微鏡により観察した。これにより刃先丸みは半径約7.8μmであり、先端には数μmの凹凸が存在していることが分かった。ステンレス刃物としては十分に鋭利化されている。

CMP加工後の刃先の顕微鏡像

CMP加工によって刃先丸みを3μmまで鋭利化することが出来た。この鋭利化した結果を実際に「焼きたて」のパンをカッティングすることにより評価した。

 

CMP加工前後の焼きたてパン切断状況

左はCMP加工前、右の2枚はCMP加工後である。焼きたてパンを潰さずに切断することを可能にした。

4.その他・特記事項(Others)

なし。

5.論文・学会発表(Publication/Presentation)

なし。

6.関連特許(Patent)

なし。

©2020 Molecule and Material Synthesis Platform All rights reserved.